×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

敏感肌対策〜効果的な敏感肌対策とは?

環境の変化と敏感肌対策

敏感肌

我々現代人は社会にでると何かと環境の変化が起こりがちです。転勤や引越しを経験する人も多いでしょう。転職をする方もいるでしょう。そんな社会的な環境の変化や物質的な環境の変化によって、肌に問題が生じることが少なからずあります。代表的なのは「敏感肌」になってしまうことです。

 

敏感肌の別名が「乾燥性敏感肌」ということから分かる通り、基本的には乾燥肌と同じような肌質になり、その上僅かな刺激に反応して肌の調子が崩れる、乾燥肌+αといったところです。

 

ただし、乾燥するメカニズムはただの乾燥肌とは違い、単に水分や脂質の分泌が減少しているのみならず、肌の防衛機能全般が低下している状態だというのが厄介なところです。

 

敏感肌対策としては、敏感肌化することによって機能の落ちている「セラミド」の働きを出来るだけ戻すよう、食事や生活サイクルに気をつける必要があります。また、当座の対症療法的なアプローチとしては、ダニやハウスダストや雑菌といった刺激物を極力避けるような生活を送る必要があります。基本的には、清潔にすることで概ね避ける事ができるでしょう。

 

しかし、そもそもの原因である、環境の変化によるストレスなどをどうにかしないことには根本的解決にはなりません。会社に相談するなど、できるだけ根本的解決ができるよう働きかけてみましょう。

 

また乾燥肌の方は乾燥肌にあった化粧品を使わなければいけません。乾燥肌の方はとくに肌が弱い傾向があります。刺激の少ないものや肌にやさしいものを選びましょう。

 

※乾燥肌の方にもお勧めなのが今人気の炭酸です。炭酸は肌に化学的な刺激を与えず肌を元気にするのでおススメです。(→炭酸パックは乾燥肌にもおススメ


アレルギー性皮膚炎と敏感肌対策

敏感肌は一度なってしまうと気をつけなければならないことが多すぎて、ストレスで悪化して、の悪循環を辿りがちです。特に、敏感肌はひどくなるとアレルギー性皮膚炎の原因になり、大変な問題となってしまいます。

 

肌が敏感肌になってしまい、機能的に最も損なわれるものは「セラミド」の働きです。

 

このセラミドは様々な役割を担っており一言で言えるものではありませんが、これの機能不全がアレルギー性皮膚炎を引き起こすことはよく知られています。もちろん、アレルギー性皮膚炎はアレルゲンに触れることで発症しますので、ダニやハウスダスト、一部の化学繊維の服などを徹底的に避けることで発症を抑えることもできますが、大変なストレスを感じる人が多いでしょう。対策としてはセラミドの働きを補修しつつ、敏感肌対策を取ることですが、中々簡単なことではありません。敏感肌になった時点で皮膚科を受診するのが確実です。

 

アレルギー性皮膚炎を発症してしまうと不可逆な肌へのダメージを受けることも多いため、とにかく早く受診して根本的な治療に取り組むのが一番です。その上で、生活サイクルや食生活の健全化など、自分一人で出来る対策をきちんと取るのが良いでしょう。